◆ 弁護士 三田村 智彦 ◆

[経歴]

2009年3月  同志社大学法学部卒業
2011年3月  神戸大学法科大学院を修了
2011年9月  司法試験合格
2012年12月 弁護士登録(愛知県弁護士会)
2018年1月  5年間、愛知の法律事務所で勤務経験を経る。その後、独立(京都弁護士会へ登録替え)

[自己紹介]

京都出身の弁護士です。名古屋で勤務弁護士として弁護士業務をスタートし、5年間経験を積み、出身地である京都に戻り、西谷・三田村法律事務所を開設するに至りました。

ところで、交通事故など突発的な事象を除けば、緊密な人間関係の元で法的な紛争は生じてくると私は考えます。当然、紛争となれば、過去の人間関係をぶり返し、紛争が紛糾することも珍しいことではありませんし、紛争も長期化しがちです。そういった場面ではあなたの代理人として、あなたから詳しい事情を丁寧にお聞きし、最善の解決策を一緒に考えていきます。

法的な問題が生じ、当事者同士で話をしても解決がうまくできず、仕方なく弁護士を頼まれる方も多いと思います。

しかし、紛争が紛糾、長期化してしまえば、「あなた」自身もその紛争のために身体的にも精神的にも消耗しかねません。

これまで私が扱った事件でももっと早く相談に来てもらえていれば、有利な状況を作ることが可能だった案件もあり(被害を最小限に抑えることが可能であった案件もあり)、紛糾・長期化する前に早期に解決できたのに…、もしくは紛争にすらならなかったのに…と歯がゆく思う事件に何度も出会ってきました。

事前に弁護士に相談し、できる限り「あなた」が抱えるかもしれないリスクを軽減することが紛争の紛糾、長期化を避けることにつながると私は考えています。

お気軽に当事務所までご連絡ください。いっしょに事件の予防法を考えましょう。

三田村弁護士プロフィール画像